“VILECT by Ameba”と古着販売においてサービス連携を開始

2016年11月08日

~サイバーエージェントとの戦略的業務提携によって販売チャネルを拡大~

ベクトルグループは、11月より順次、株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤田晋、URL:http://vector-enter.jp/、以下サイバーエージェント)が運営するVILECT by Ameba(以下VILECT)と、古着販売のマルチチャネル戦略においてサービス連携を行ったことをお知らせ致します。

VILECT

ベクトルはこれまで、自社運営通販サイトであるベクトルパークの他、楽天市場やヤフオク、YAHOO!ショッピング等でブランド古着の販売を行うマルチチャネル戦略をとっておりましたが、この度、更なる販売チャネルの拡大と安定した在庫回転率を実現するため、VILECTへのサービス連携を開始いたしました。

VILECTはヴィンテージとユーズドアイテムのセレクトモールとして、女性向けブランドのユーズド商品やヴィンテージ、アウトレット商品を販売しており、サイト内にファッショントレンドやコーディネイトに関するコンテンツも展開しています。そのため、ベクトルの持つ豊富で良質なレディース向けブランド古着を、VILECTを利用するユーザーに販売致します。

本サービス連携は、店舗連動型(オムニシステム)のマルチチャネル出品システムである「ベクトルプレミアムシステム」と「VILECTシステム」との出品及び在庫連動を行い、実現しました。半年後にはVILECTへ月10万点以上の出品を目指しており、新規層開拓と売上向上を図ります。

今後も、他社との業務提携を進めることによって、「ベクトルプレミアムシステム」を駆使したマルチチャネル戦略を加速させ、更なるリユースビジネスの拡大を図ります。


■ベクトルVILECT サイトイメージ

d19990-7-185400-3
TOPページ



d19990-7-203618-1
商品ページ



d19990-7-993133-2
取引レビューページ



■「VILECT by Ameba」

URL:https://ameba-furugiya.com/

株式会社サイバーエージェントが運営する、ヴィンテージとユーズドアイテムのセレクトモールサービスです。
 「VILECT」というサービス名称は、Vintage&Used Selectからなる造語で、日本中の良質なヴィンテージ、ユーズドアイテムの中から、一人ひとりぴったりなファッションアイテムを届けるという意味が込められています。

また、セレクトモールサービスに加えて、「VILECT」独自で構築したファッション性が高いインスタグラマー数百名のネットワークと「Ameba」で運営する女性向けの情報メディア「by.S」で培った運用ノウハウ・ナレッジを活用し、「VILECT」内でファッショントレンドやコーディネイトに関するコンテンツも展開中です。

今後も「VILECT」では、これまで古着を手に取ったことのないユーザーにも幅広くサービスをご利用いただけることを目指し、新機能の開発やコンテンツ拡充を積極的に行ってまいります。


■サイバーエージェントについて
社名 :株式会社サイバーエージェント
設立 :1998年3月18日
所在地 :東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号
資本金 :7,203百万円(2016年9月末現在)
代表者   :代表取締役社長 藤田晋
事業内容 :メディア事業、インターネット広告事業、ゲーム事業、投資育成事業


■ベクトルグループについて
「ゴミバコのないセカイへ」を企業理念とし、全国に94店舗展開するブランド古着買取店舗「ベクトル」とブランド古着通販サイトの運営をしております。
オンライン宅配買取サービス「フクウロ」や店舗で仕入れた古着ファッションアイテムを自社運営通販サイト「ベクトルパーク」を始め、楽天やYahoo!オークション等で販売するマルチチャネル販売戦略をとっており、取り扱いアイテム数は常時50万点以上と日本最大級の品揃えを実現しています。
また、商品の査定から出品までの効率化を図った物流拠点「ベクトルグローバルポート」も新設致しました。今後は、他社との積極的な業務連携を図り、リユースビジネスを多角的に推進させる、新たな取り組みを行っております。